おまとめローンにはリスクあり・メリットの裏に隠された実態とは

消費者金融系で勘違いされやすいこと

借金の一本化に便利なおまとめローンですが、実際に利用してみないと分からないこと・勘違いされていることが多数あります。

一般的に言われていることを取り上げて、解説していきます。

総量規制

消費者金融が提供している「おまとめローン」は、総量規制の対象外となっています。

しかし実際には、まとめたところで返してくれるかどうか分からない…というのが、金融会社の本音です。

このような理由から、審査に可決するためには、その時点でまとめたい金額が総量規制の範囲内(年収の1/3以下)である必要があります。

 

それ以上のキャッシング残債がある場合、後述する銀行の「自由目的ローン」を使うか、任意整理という手段をとるかのいずれかになります。

おまとめ後のキャッシング

おまとめローンで一度完済したカードローンは、利用限度額の範囲内ですぐに使えます。

しかし、一度借金を一本化してしまうと、まったく契約したことのない別のカードローンを利用することは難しくなります。

 

たとえば、アコム・新生銀行レイクの2社のキャッシング残債を、アイフルでまとめたとします。

この時、上記2社のカードローンは一旦完済した扱いになり、解約しない限り再び借りることができます。

 

一方で、ここまで出てこなかった別の会社であるプロミスで新規契約することは難しくなります。

消費者金融のおまとめローン利用については、ブラックリストと呼ばれる状態になくとも、プロが信用情報を参照すれば一目瞭然です。

 

クレジットカードやショッピングローン審査にはほとんど影響しませんが、キャッシングについては任意整理と同等の不利益を被ることもあります。

銀行系で勘違いされやすいこと

はじめに述べると、消費者金融とおなじサービス内容の「おまとめローン」は存在しません。

各銀行が運営している「フリーローン (多目的ローン)」の使い道のひとつとして、借金一本化という選択肢を用意しているに過ぎません。

 

自由目的ローンの審査ですが、消費者金融のおまとめローンよりも一層厳しいものとなります。

勤続年数や年収次第では申込すらできないこともあり、敷居が高いと言えます。

銀行系カードローンで借金一本化はできない

おまとめローンの一つとして「金利の安い銀行系カードローンを新規契約し、そこから他社へ完済する」という方法も提案されてきました。

しかし、2018年以降にこの方法をとるのは非常に難しいと言わざるを得ません。

 

銀行系カードローンも総量規制の自主審査を行うようになり、合わせて述べると、キャッシングしたお金で他社に返済することは、本来認められていません。

他社債務と同額かそれ以上の利用限度額で申込をした場合、今後は「利用目的が銀行の意図に沿わない可能性がある」として、審査に落とされてしまう可能性があります。

借金を一本化できる人とは

各社ごとに基準はありますが、勤続年数が1年(銀行系だと2年)・まとめたい残債が総量規制の範囲内であることは最低条件です。

また、一本化により残債のなくなったカードは解約するなど、お金の管理をしっかりコントロールできる人に向いています。

 

おまとめローンがよいのか・長期的に見て任意整理がよいのか、しっかりと見極めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)