カードローンで家族バレするバターンを知って対策をしておきましょう

貸金業者の種類を問わず、カードローンを利用する際には、家族バレを避けたいと考える人が少なくありません。

家計が完全に火の車となっている状態ならば、債務整理も含めた相談を家族全体で行なう必要がありますが、急な出費や勉強のためなどの理由であれば、こっそり借りたいと考えても不思議ではないでしょう。

貸金業者にとっても、継続的に借入を返済を滞りなく行ってもらえれば、優良顧客となるわけですから、無闇に借入を行っている事実を家族であっても知らせることはありません。

カードローン利用について家族バレをおこしてしまうパターンを知った上で、慎重に対策をおこなっておけば完璧とは言えないものの十分に防げるものです。

専用ローンカードが郵送されないように手配する

カードローンを申し込む際に、自動契約コーナーで審査を受ければ、直接その場で専用ローンカードが発行されるので、家族が代わりに郵送受け取りをして家族バレを起こすことは無いでしょう。

しかし、インターネットで申し込みを行えれば、手間が掛からずに審査を受けることが出来るので便利です。

カードローンの申し込み先について、手順を調べてから行えば、最寄りの自動契約コーナーにて専用ローンカードの受け取りのみを行なうことが出来ます

家族に財布を見られてしまう場合には、専用ローンカード自体を入れておく場所に困るので、隠し場所を用意しておくか、専用ローンカードを必要としない銀行キャッシュカード一体型のものにしておくと良いでしょう。

郵送物が自宅に送られないようにしたい

カードローンで借入と返済を行なう際には、具体的な取引履歴を交付することが法律で義務付けられています。

特に指定しない限りは、郵送で利用明細が送られてしまいますが、貸金業者にとっても郵送料がかかってしまうので、経費節減のためにWEB明細交付に切り替えてもらった方がありがたいわけです。

ATMにて借入や返済を行なう際に、WEB明細を利用する項目に同意しておけば、自宅に利用明細が郵送されることはありません

家族バレを防げるだけでなく、貸金業者にとっても経費節減が出来るので、WEB明細を積極的に利用するメリットがあります。

また、個人情報保護の観点からも利用明細票を自宅に郵送することは、郵便物が誤配送されたり盗まれた時に、送付した側に責任があるとされてしまう住所記入ミスなども起きるので好ましいことではありません。

個人情報保護のためという理由で、WEB明細の利用を最初から行っておけば、家族バレ対策とは貸金業者に対しても言わなくて済みます。

延滞は必ず避けなければならない

WEB明細を利用して自宅への郵送物が送られないように対策を行なっていても、約定返済日に返済が遅れてしまうと、電話連絡だけでなく自宅へも郵送物が送られてしまい家族バレを確実に起こしてしまいます

金額の大小に関わらず、隠れてカードローンを利用していた事実が発覚すると、家族会議の場で厳しい立場に立たされてしまう可能性があるので、延滞だけは起こさないようにしなければならないわけです。

貸金業者としても、延滞を起こさない限りはクレジットカードとは異なり、専用ローンカードに有効期限を定めていないので、WEB明細さえ利用していれば自宅に郵送物を送ることはありません。

自宅に郵送物が送られたことが原因で、優良顧客を失う事態となってしまえば、貸金業者にとっても損をするだけとなってしまうからです。

カードローンの利用を行なう際には、延滞を起こさないためにスマートフォンにリマインダーアプリを導入するなど、返済日を忘れないように自ら対策を施しておくことが望ましいでしょう。

返済方法に口座引き落としを利用しない

カードローンを利用する際には、カードレスタイプのカードローンを選び、WEB明細を利用することで郵送物を自宅に発送しないように出来ます。

カードレスタイプであれば、会員サイト経由で振込融資を受ければ良いので、財布に専用ローンカードが入っていて家族バレを起こすこともありません。

しかし、カードレスタイプのカードローンは、専用ローンカードの発行が無いので、返済は銀行口座からの引き落としとなります。

普段給与振込口座として利用している口座で借入と返済を行なってしまうと、家族バレを起こす原因となるので、必ず別の口座を用意しておく必要があります。

同じ銀行で別の口座を持つ際には、明確な理由が必要となるので、カードレスタイプのカードローンを利用する際には、銀行口座の準備についてハードルがあると考えておく必要があるわけです。

銀行口座開設時に銀行に対してはカードローンの申し込みをするためという理由を申告しておき、家族に対してはFXを始めようかと検討しているといった小口投資を理由に挙げておくと良いでしょう。

キャッシュカードの受け取りが自宅への郵送となってしまうので、通帳は発行しないタイプを選択しても、銀行キャッシュカードだけは1度だけ受け取りが必要となる点に注意する必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)