カードローンとクレジットカードの5つの違い

金欠の状態になった時に買い物をしなければいけなくなった時はカードローンを利用してお金を借りる方法とクレジットカードでクレジット払いをして対応する方法があります。

クレジットカードを持っている人はクレジット払いをして対応しますが、持っていない人はクレジット払いをする事が出来ないのでカードローンを利用してお金を借りて対応する事が多いです。

金欠の状態になっている時の買い物に対応する事が出来るカードローンとクレジットカードですが、実際にどのような違いがあるのかよく分かっていない人も少なくないでしょう。

そこでカードローンとクレジットカードの違う点をいくつか挙げていく事にしましょう。

カードの発行会社が違う

カードローンのカードは銀行や消費者金融が発行する事になり店頭窓口、自動契約機、インターネットなどで申し込む事が出来ます。

銀行は審査が厳しいのでカードが発行されるまで数日かかってします。

消費者金融は審査が即日回答されるので申し込みをした日にカードが発行されます。

クレジットカードはクレジットカード会社が発行する事になり郵送、インターネットなどで申し込む事が出来ます。

郵送で申し込む時はクレジットカードが発行されるまで1週間以上かかってしまいますが、インターネットで申し込む時は1週間程度でクレジットカードが発行されます。

カードローンとクレジットカードの違いでまず挙げられるのがカードの発行会社になります。

お金の融資と商品代金の立て替えで違う

カードローンを利用する時はお金を借りて手元に現金を準備する事が出来たら買い物をする形になりますが、クレジットカードは手元に現金がなくてもクレジット払いをすれば買い物をする事が出来てしまいます。

商品の支払いをする時にクレジット払いを選択して1回払い、2回払い、リボ払いなどの支払方法を伝えます。

それで買い物をする事が出来てしまうのですごく便利です。

カードローンはお金の融資、クレジットカードは商品代金の立て替えになる点も違いになります。

借入可能な上限金額が違う

カードローンとクレジットカードは共に借入可能になっていますが、カードローンの借入可能な上限金額が最大で500~1000万円程度になっています。

業者によっては1000万円借入可能なので多額の借り入れをする時にすごく便利です。

クレジットカードの借入可能な上限金額は最大で100万円程度になっていて多額の借り入れをするのは難しいです。

多額の借り入れをする時はカードローン、少額の借り入れをする時はクレジットカードが適している事になりますが、カードローンは金利が高く設定されているので多額の借り入れをする時は注意しなければいけません。

カードローンとクレジットカードは借入可能な上限金額が違うのも特徴になります。

審査基準が違う

カードローンのカードを発行する時とクレジットカードのカードを発行する時は共に審査が行われて可決されないとカードを発行する事が出来ません。

しかしカードローンとクレジットカードの審査基準は違う点があるのでしっかり把握しておく必要があります。

カードローンはお金を借りる事になるので審査基準は返済能力があるという点が重視されます。

返済能力があると判断されるためには月々に一定の収入を得ていて他社からの借り入れがほとんどない状態にしておく事が大切になってきます。

クレジットカードも返済能力がある点を重視しますが、商品代金の立て替えを目的で使用されるのでカードローンに比べて審査が緩い傾向があります。

年収も100万円程度あれば可決されてしまいますしカードローンに比べて勤続年数などをあまり重視しません

カードローンとクレジットカードは審査基準が違うのも特徴になります。

加算される利息が違う

カードローンを利用してお金を借りる時は金利が発生するので利息が加算されていきます。

銀行だと上限金利が14.5%前後消費者金融だと上限金利が18%で設定されているので加算される利息も多くなってしまいます。

それにより借り方や返済の仕方には注意しなければいけません。

クレジットカードの場合は利用代金を全額支払う時は利息が加算されません

またリボ払いをする時は手数料が発生するので利息が加算されていきますが、カードローンのように多くはありません。

カードローンとクレジットカードは加算される利息が違うのも特徴になります。
カードローンとクレジットカードはこのようにいろいろな部分で違う点があります。

それによりどちらを利用した方がいいのかも人それぞれ異なってきます。

日常生活の中でカードローンとクレジットカードを使い分けるようにする人も最近では増えてきているので状況に合った方を選んでいくといいでしょう。

またカードローンとクレジットカードを利用する時は返済日までにしっかり返済しないと信用情報機関に滞納などの履歴が残ってしまうので注意が必要です。

信用情報機関に滞納などの履歴が残ってしまうと今後カードローンやクレジットカードの審査にも影響してくるので返済はしっかりするようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)