カードローンの同時申し込みは半年単位で考える必要があります

カードローンの申し込みを繰り返していると、実際に借入を行なっていなくても審査に通らなくなります
なぜなら、カードローンの申し込みと契約を行なった事実は、個人信用情報機関により金融業者間で共有されているからです。

明らかに不自然な申し込みと判断されると、申し込み履歴が個人信用情報機関から消える半年後迄は新たにカードローンの申し込みを行なっても審査通過は難しくなります。

同時申し込みに関する基準は金融業者によって異なる

カードローンの同時申し込みは、同じ日に行なったとしても、審査段階で個人信用情報機関へ信用情報照会が行われるので、後から信用情報照会をかけた金融業者には複数同時申し込みの事実が判明してしまいます。

個人信用情報機関に登録されている信用情報には、即日反映される申し込み履歴だけでなく、翌日反映される借入金額や返済金額、更に長期間の滞納情報など金融事故情報を掲載する異動情報があります。

個人信用情報機関は、銀行系・信販会社系・消費者金融系と国内で3団体に分かれていますが、異動情報のみ3団体で共有されている状況です。

低金利で貸付を行っている銀行カードローンでは、利用限度額設定を大きく取れるので、同時申し込みに対して厳しい立場を取っている所が多く、半年間で2~3社以内と言われています。

一方、消費者金融では半年間で3社~4社以内としている会社が多いので、申込数が増える前に銀行カードローンを申し込むと良いでしょう。

申し込みを行った事実が掲載される期間は、各個人信用情報機関共通に最大6ヶ月間と定められているので、最後にカードローン申し込みを行なってから半年開けて申し込めば、同時申し込みによるペナルティーを受けることは無くなるでしょう。

カードローンの同時申し込みは異なる個人信用情報機関を使った金融業者にする

カードローンを提供している金融業者には、銀行・信販会社・消費者金融と様々ありますが、信販会社と消費者金融は貸金業法に基づく貸付を行なうので、指定信用情報機関として個人信用情報機関の中から法律で指定されているCICへ共通に信用情報照会をかけます。

申し込み履歴は即日反映されてしまうので、カードローンの申し込みを行なうならば、使用する個人信用情報機関が異なる銀行の中から1社と信販会社・消費者金融から1社とすることが現実的です。

具体的にどの金融業者がどの個人信用情報機関へ加盟しているのかは、利用規約に定められているのでカードローン選びを行なう段階で確認出来るでしょう。

銀行カードローンの中には、新生銀行レイクのように消費者金融から業態変更を行なって銀行カードローンへ切り替わった金融業者もあるので、レイクでは銀行と消費者金融双方が利用する個人信用情報機関を使っているので、同日申し込みを行なう際には注意が必要です。

カードローンの申し込み先を選ぶ際には、信用情報照会を行なう個人信用情報機関を確認した上で、別の個人信用情報機関を使った信用情報照会が行われるように気を付けると良いでしょう。

実質的にどの金融業者が審査を行っているのか確認することが大切

カードローンの同時申し込み先を選ぶ際に、もう1つ注意するポイントとして、審査を担当する会社が同じカードローンには申し込まないことが必要です。
カードローンを選ぶ際には、金利と返済方法のみを比べて選びがちですが、申し込み先の金融業者が直接審査を行っているとは限りません。

銀行カードローンの申し込みを行なうと、保証会社との保証契約を別途行なう必要があり、保証会社の審査を受けるように銀行から案内されるでしょう。

銀行カードローンでは、即日審査を行なうために実質的な審査を保証会社に任せている実態が分かります。
保証会社として銀行カードローンに指定される金融業者は、銀行と提携または資本関係にある信販会社や消費者金融です。

なお、即日審査や即日融資についての詳しい情報を知りたい方は以下の記事をご覧下さい。

[clink url=”https://www.wrcland.com/%E3%81%8A%E9%87%91%E5%80%9F%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%84%E5%8D%B3%E6%97%A5/”]  

同時に消費者金融への申し込みを行なう時に、銀行カードローンの保証会社と同時申し込みを行なう消費者金融が同一となってしまうと、それだけで同時申し込みを同日に行っている事実が判明してしまい、審査段階で悪い印象を与えてしまうでしょう。

無担保ローンとなるカードローンでは、担保を取らないために利用者が返済不能となると貸付資金が回収困難になります。

半年以内での同時申し込み数が多くても、審査に影響が出るくらいですから、同日申し込みについては敬遠されてしまうでしょう。

また、消費者金融同士に同時申し込みを行なう際にも、無人契約機コーナーを設置している大手消費者金融では、審査速度を上げるために外部の審査会社に審査業務の一部工程を委託しており、同じ審査会社を使った消費者金融同士に同時申し込みを行なうと、両方共に審査落ちするリスクが高まってしまいます。

カードローンの同時申し込みを行なう際には、同じ金融業者が審査を行なうことが無いように利用規約で事前に調べた上で申し込みする必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)