カードローンの申し込みはスマホ利用で楽になる

カードローンの申し込みを行なう際には、パソコン経由または自動契約機コーナーといった方法だけでなく、スマホを積極的に活用した申し込みが可能です。

スマホの普及率が向上したことだけでなく、スマホ経由でパソコン向けサイトの利用が出来るので、金融業者もスマホ経由での申し込みを楽に出来るように工夫しています。

スマホのカメラ機能で証明書類の提出が簡単に出来る

カードローンの申し込みを行なう際には、インターネット経由で行えば従来のFAXによる本人確認書類送付を行なう必要がありません。

FAX送付では、誤送信問題が発生しやすいので常にリスクがありました。

 

スマホにはカメラ機能が付いており、本人確認書類だけでなく、各種証明書類の送付もデータ送付が可能となっています。

パソコンを使ったインターネット申し込みであっても、同様に画像アップロードにより証明書類の送信が可能ですが、デジタルカメラで撮影したメモリーカードをバソコンに取り込んで送信することは手間が掛かると考える人が少なくありません。

 

実際に面倒になって途中で諦めてしまう人も出ている状況があります。

しかし、スマホを活用すれば撮影した画像をそのまま専用アドレスからアップロードするだけですから、誤送信の心配が無いだけでなく手間も少ないです。

 

多くの金融業者が行っているアップロード先は、登録されたメールアドレス宛に専用アドレスを添付して、アクセスを行なうことにより安全にSSL通信を使ったアップロードを可能としています。

利用者にとってもセキュリティー面が考慮されているアップロード方式ならば、安心して本人確認書類や収入証明書のアップロードが可能でしょう。

専用アプリがある消費者金融ならば申し込み手続きがスムーズ

カードローンを提供している金融業者には、銀行や信販会社だけでなく消費者金融もあります。

中でも消費者金融では、利用者の利便性を向上するために専用アプリの開発を行っている会社が増えています。

専用アプリをダウンロードして、指示通りに進めれば例え電車内であっても申し込みがしやすくなるでしょう。

 

スマホからの個人情報入力は、パソコンよりも面倒だと感じている人にとって、進化している専用アプリの機能には驚くかもしれません。

なぜなら、運転免許証または名刺を専用アプリでスマホのカメラ機能を使って読み取ると、OCR機能により自動的に文字入力を行なってくれるからです。

残念ながら認識度は100%ではなく、一部の文字が誤入力される可能性があるので、認識違いとなった文字のみ手打ちする必要がありますが、大幅に入力項目を減らすことが出来るでしょう。

 

運転免許証と源泉徴収票に加えて、給与明細書のアップロードまでを事前に考慮しておかなくても、専用アプリから指示が出るので、そのとおりにスマホのカメラ機能で撮影しつつアップロードを続ければ、申し込み手続きが完了してしまいます。

手入力する部分を最小限にしつつ、個人情報の入力から証明書類の提出までを一気に行える専用アプリは、便利な存在です。

 

消費者金融の中には専用アプリを申し込み専用とはせずに、契約完了後にも会員メニューを利用するために活用出来るタイプもあります。

転居時や転職時の連絡事項だけでなく、振込融資の手続きも同じアプリから行えれば、全ての手続が楽になるわけです。

銀行カードローンであってもスマホからの申し込みが可能に

消費者金融が提供している専用アプリは、バージョンアップに伴い更に使いやすくなっていますが、銀行カードローンもスマホからの申し込みを重視する傾向が広がっています。

銀行カードローンの中には、専用アプリ開発に乗り出す所も出ており、今後更に広がる可能性があります。

 

銀行カードローンの申し込みについても、スマホからの申し込みが可能な点は消費者金融と同様ですから、スマホのカメラ機能を使った運転免許証や源泉徴収票のアップロードが可能です。

消費者金融と異なる点として、銀行カードローンでは保証会社の審査を受ける必要があるので、証明書類提出前に保証会社との契約が必要となる点の説明と同意が必要となります。

電話連絡が必要となるのは、本人確認と申し込み意思確認だけでなく、保証会社による審査を受けるために個人情報を保証会社に対して開示することへの同意事項まで含まれるわけです。

 

スマホ経由で申し込みを行えば、少なくとも申込みに使用したスマホは手元にあるので、銀行にとっても電話連絡がつきやすいメリットがあります。

銀行カードローンの申込みサイトにも、スマホ専用画面を別途作成してい提供している銀行が増えていることは、スマホ経由の申込みが増えていて銀行側も期待していることの表れでしょう。

 

銀行は、消費者金融よりも慎重な立場を取ることが多いので、専用アプリによるバグにより個人情報が漏れることを警戒して、あくまでもスマホ向け公式サイトへの誘導に留めることにしている銀行もあります。

カードローンの申込み先を選ぶ際には、スマホで利用しやすい所を選ぶと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)