カードローンのチェックポイント別におすすめのものをご紹介

カードローンを選択するとなった際に比較する項目は人それぞれかと思いますが、金利や限度額、そして、借入までの期間(時間)に関しては、簡単に行えるものとなっていますので、今回はこの3点と、毎月の約定返済額からおすすめしたいカードローンについてお話ししていきたいと思います。

金利にこだわりたい方におすすめのカードローン

金利は毎月の返済額にもかかわってくるため、こだわりたいという方は多いはずです。

金利の低さだけ言えば、銀行のカードローンが一番なのですが、銀行は消費者金融と比べて審査が厳しめである上、時間を要してしまうため、急いでいる人には向いていません。

ですから、急いでいる人、あるいは、審査に自信がない人であれば、大手消費者金融のカードローンを利用することを考えた方がよいでしょう。

 

ここで、その大手消費者金融の金利を見てみると、まず、プロミスの金利は4.5%から17.8%、アコムの金利は3.0%から18.0%、アイフルの金利は4.5%から18.0%となっているわけですが、金利というのは、借入額が多くなればなるほど低くなっていきますので、大きな金額の借入を考えている人はアコムを利用するのも一つの手となるわけです。

ただ、少ない金額しか予定しない人なら、プロミスを利用することをおすすめいたします。

 

ちなみに、銀行のカードローンを利用した場合の金利を見てみると、三井住友銀行が4.0%から14.5%、みずほ銀行が2.0%から14.0%、三菱東京UFJ銀行が1.8%から14.6%と、やはり消費者金融より低くなっていますので、審査に自信があるなどといった人は銀行のカードローンに挑戦してみてもよいでしょう。

限度額にこだわりたい方におすすめのカードローン

限度額にこだわるのであれば、審査で合格するのが難しくなってしまいますが、銀行のカードローンを利用するべきでしょう。

大手消費者金融のプロミス、アコム、アイフルの限度額を見ると、それぞれ、500万円、800万円、500万円となっていますが、みずほ銀行、三井住友銀行ではそれぞれ、1000万円、800万円となっているといったように、銀行のカードローンの場合は消費者金融よりも限度額が高くなっているケースが多いのです。

 

さらに銀行のカードローンの場合は消費者金融とは違い、総量規制の適用がありませんので、年収の3分の1を超える借入が可能といったメリットもあります。

このように、銀行のカードローンの場合は多くの借入が可能となっていますが、それに甘えて借り過ぎてしまうと、返済が行えなくなる危険性が出てきますので、消費者金融と同様、返済計画を立てた上で借入を行っていくようにしてください。

借入までの期間(時間)にこだわりたい方におすすめのカードローン

借入までの時間にこだわる方であれば、消費者金融のカードローンを選択すべきでしょう。

銀行のカードローンでも即日融資が可能といったように審査時間が短いところも存在しますが、基本的に消費者金融よりは審査に時間がかかる傾向があります。

 

一方、消費者金融のカードローンの場合は、大手消費者金融であれば、審査時間が短いため、すべてにおいて即日融資が可能となっているのです。

ちなみに、大手消費者金融の最短の審査時間はすべて30分となっています。

しかし、銀行のカードローンの場合、長ければ1カ月ほどかかってしまうこともあるのです。

 

以上の通り、早く借入を行いたいのであれば、基本的に消費者金融を利用した方がよいわけですが、お申し込みする時間などによっても借入までの時間は変わってきます。

即日融資を希望する人は、できれば平日の午前中にお申し込みした方がよいでしょう。

なお、即日融資についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にして下さい。

[clink url=”https://www.wrcland.com/%E3%81%8A%E9%87%91%E5%80%9F%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%84%E5%8D%B3%E6%97%A5/”]  

毎月の約定返済額にこだわりたい方におすすめのカードローン

カードローンを利用した際には、毎月必ず、返済日がやってきます。

その際、約定返済額が安ければ毎月の返済負担が小さくなりますので、先ほどの3点に加えて約定返済額にこだわりたいという人もいらっしゃるでしょう。

ただ、約定返済額に関しては借入残高によって変わってくるため、今回は借入残高が5万円の場合の約定返済額について見ていきたいと思います。

 

まず、大手消費者金融のプロミスにおける借入残高が5万円の場合の約定返済額は2000円となっており、同じく大手消費者金融のアコム、アイフルではそれぞれ3000円、4000円となっているため、大手消費者金融で5万円を借入するのであれば、プロミスを利用することで毎月の返済負担を最小限とすることが可能です。

一方、大手3行で利用した場合の約定返済額を見てみると、三井住友銀行が2000円、みずほ銀行が1万円、三菱東京UFJ銀行が2000円となっていますので、大手3行を利用する場合は、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行を利用すれば、毎月の返済負担が最小限となることが分かります。

 

以上の通り、同じ金額であっても利用する金融機関によって約定返済額はかなり違ってきますので、毎月の返済負担を小さくしたい方であれば、約定返済額も重要なポイントとなってくるのです。

また、ほとんどの金融機関では、毎月の返済日以外にも返済が行えるようになっており、返済日以外にも返済を行うことで金利分の負担を小さくできるので、お金に余裕のある時は毎月の返済日以外にも返済を行っていくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)