レディースローンが人気となっている理由を知れば納得

消費者金融を利用している人の多くが男性利用者と言われており、女性利用者の割合は3割以下と少ない状況が続いています。

銀行カードローンでは男女比率に大きな開きが出ているわけではなく、レディースローンを消費者金融が積極的に行なう理由が隠れています。

レディースローンの特徴を知った上で申し込めば、納得した借入が出来るでしょう

女性で消費者金融を積極的に利用する人は少ない

消費者金融にとって利用者が少ない女性をターゲットとした金融商品開発は、改正貸金業法が完全施行されたことによる総量規制に伴い、利用者への貸付額が制限されることになったことが影響しています。

1人の顧客への貸付可能額に制限がある以上、貸付する顧客数を増やすことが急務となるわけです。

女性の立場から見ると、消費者金融は怖いというイメージがあり、銀行の安定感とは異なる印象からなるべく借入を行いたくないと考える人が少ない状況が続いていました。

性をターゲットとしたレディースローンを提供することで、新たな顧客層として働く女性に気軽に利用してもらえるよう、イメージを大切にした営業が行われることになったわけです。

レディースローンなら女性が全て対応します

レディースローンの特徴として、申し込み時の電話対応や審査結果連絡だけでなく、いざという時の連絡までを全て女性オペレーターが行なうことになっています。

法律上、無理な取り立ては出来ないことになっていますが、映画やテレビドラマの影響からか男性スタッフによる督促に恐怖を覚える人が後を絶たない状況があります。

全ての対応を女性スタッフが行なう安心感から、審査条件や金利など一般的なカードローンと何ら変わりない状況であっても、レディースローンを選ぶ女性が多いわけです。

レディースローンを取り扱っているのは、基本的に消費者金融であって、銀行カードローンはレディースローンの提供を行なっていません

消費者金融は、イメージを払拭するためにまずはレディースローンから始めて消費者金融のことを知ってもらい、慣れてきたら別の金融商品に切り替えても良いと考えてもらうことが重要です。

初回限定特典をレディースローン限定で設けたりしていることは、一度利用してもらい自社をアピールする狙いがあります。

モビットにはなぜレディースローンが存在しないのか

消費者金融にレディースローンを実施している会社が多いことは、レディースローンを専門に比較すると分かります。

全ての消費者金融がレディースローンを扱っているわけではなく、モビットのように一般のカードローンのみを扱っている消費者金融も少なくありません。

モビットにレディースローンが存在しない理由は、WEB完結申込みがあるからと考えられています。

本人確認だけでなく、在籍確認についても書面で対応出来るので、基本的に電話による会話をすることなく審査完了まで手続きをWEB完結出来れば、誰とも会話する必要が無いので、レディースローンを専用に設ける必要が無くなるわけです。

消費者金融に対する恐怖感から、申し込みを躊躇っているのであれば、WEB完結で誰とも会話する必要が無いことが、女性にとって都合が良いことです。

オペレーターへじっくり相談しながら借入を行いたい場合には、レディースローンを提供している消費者金融に相談してみると良いでしょう。

アイフルのSuLaLiが人気となる理由とは

カードローンの利用限度額は、大きいほど利息制限法で定められている法定金利が低く設定されて利用者にとって有利です。

複数の借入を行なうよりも、1本化して計画的に返済することが望ましいでしょう。

しかし、アイフルのSuLaLiは発想が全く異なり、レディースローンとして利用限度額を最大10万円に意図的に下げて受付を行なっています。

利息制限法で定められた法定金利は、貸付残高10万円未満は20%ですから、いかに利用限度額を引き上げるかが金利を安くする秘訣です。

100万円以上の利用限度額では、法定金利が15%にまで引き下げられます。

しかし、女性の視点に立って考えると利用限度額が少ないからこそ安心して利用できるという逆転の発想をする人が少なくありません。

アイフルのSuLaLiもWEB完結申し込みが可能ですが、更に本人確認書類の送付については、スマートフォンのカメラで自分の顔写真を撮影して送れば良いという手軽さが支持されています。

利用限度額10万円迄という金額を抑えた貸付ですから、手続きがいかに楽に出来るかが女性利用者にとっては手間が掛からず人目も気にせずに申し込みが出来て適しているでしょう

銀行が今後レディースローンを扱う可能性はある

消費者金融がレディースローンを展開する理由は、怖いというイメージと周囲に気付かれずに申し込み出来るよう工夫するという点から、1つのアプローチ方法として行われています。

WEB完結申込みが主流となれば、レディースローンの存在意義は少なくなる可能性があるでしょう。

一方、銀行カードローンでは、銀行が持つ安心なイメージから申し込みに対する警戒感が消費者金融よりも少ないです。

しかし、消費者金融が行っているレディースローンが一定の支持を受けているので、競合関係にある銀行カードローンも、女性に寄り添った金融商品開発を行なって展開してくる可能性があります。

銀行から今後、レディースローンが展開される可能性は十分あり得ることです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)